活動実績

令和4年度役員定時選挙

令和4年度役員定時選挙概要 9月~10月にかけて日本弁理士会の役員定時選挙が行われました。この選挙では、令和4年度以降の弁理士会の副会長、常議員、監事役の先生が決められます。選挙は下記のスケジュールで実施されました。立候補の受付:令...
2021.11.03
活動実績

令和3年PA会幹事会(第10回)

PA会幹事会の概要 PA会の幹事会が10月21日に開催されました。今年の幹事会はこれで10回目で、今年はあと2回の幹事会で終わりです。幹事会ではPA会で運営されている業務の幹事が集まって、様々な活動を適宜報告したり、決め事について相...
活動実績

令和3年度特許委員会グループ定例会(第5回)

グループ定例会の概要 特許委員会の第3部会第1グループの定例会が10月19日に開催されました。定例会はこれで5回目で、ちょうど折り返し地点になります。特許委員会は全部で4つの部会に分かれています。私の所属する第3部会は、主にソフトウ...
活動実績

特許庁品質管理室様との意見交換会

意見交換会の概要 特許審査の質について、特許庁の品質管理室様と日本弁理士会とで10月15日に意見交換会が行われました。日本弁理士会からは特許制度運用協議委員会の担当役員及び委員長に加えて、特許委員会の委員長・副委員長が出席しました。...
2021.10.17
弁理士日記

IoT発明でサブコンビネーション特許を取るメリット

IoT発明の保護  最近、1台のサーバと、複数の端末装置が連携して動作するシステムの発明が増えてきました。IoT(Internet of Things)と呼ばれるこのような発明は、サーバと端末装置をまとめて記載したシステムの特許だけ...
弁理士日記

特許権侵害における出願経過書類の使い方

特許権侵害かも?と思ったら  自社の製品が、他人の特許権を侵害しているかも…と思ったときには、その特許権の特許請求の範囲と、自社の製品とを突き合わせて、本当に特許権侵害しているのか確認することが大切です。その時、特許請求の範囲と、明...
2021.09.18
弁理士日記

早期審査・早く特許権を取る方法

早期審査とは?  早期審査とは、通常の特許審査よりも早く審査結果を得られる手続きです。早期審査を行うと、大体3か月くらいで拒絶理由通知が通知されます。特許行政年次報告書2021年版によれば、2020年は平均2.7か月で拒絶理由通知が...
弁理士日記

MPFクレーム(米国特許112条(f))に対応する2つの準備

 米国での特許出願の審査では、請求項の用語がMeansPlusFunctionクレーム(以下、「MPFクレーム」という。)と判断されると、米国特許112条(f)が通知されます。さらに、MPFクレームの用語の意味が不明確な場合、112条(f...
2021.09.11
特許

米国特許112条(b)の拒絶理由と112条(f)との同時通知は対応難!

米国特許112条(b)の拒絶理由と112条(f)との同時通知  米国での特許出願の審査では、請求項の用語がMeansPlusFunctionクレーム(以下、「MPFクレーム」という。)と判断されると、米国特許112条(f)が通知され...
2021.08.02
特許

米国特許112条(f)の通知は拒絶理由通知ではない

外国出願で一番人気は米国出願  PCT出願を使って外国出願をする日本企業が増えてきています。参考:PCT出願(国際出願)するだけで世界で特許をとれるわけではない話その中でも、一番人気は米国への特許出願です。企業によっては、日本には出...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました