特許調査

特許調査

背景技術にも注目して社内技術情報の漏洩を防ごう

背景技術から社内技術情報が漏洩するかも?  弁理士がお客様から依頼を頂くときや、企業の知財担当者が発明部門から発明の届け出を受けたとき、発明の内容を示した書類が添付されていることが多いです。その書類には、発明の内容に加えて発明の背景...
特許調査

特許調査において再現率を重視したほうがよい検索とは

 特許調査には、適合率・再現率という2つの指標があります。適合率・再現率のどちらも、特許調査の結果として、有効な特許をどれくらい集められたかを示す指標になります。適合率・再現率はお互いにトレードオフの関係にありますので、調査者は特許調査の...
2021.07.20
特許調査

特許調査において適合率を重視したほうがよい検索とは

 特許調査には、適合率・再現率という2つの指標があります。適合率・再現率のどちらも、特許調査の結果として、有効な特許をどれくらい集められたかを示す指標になります。適合率・再現率はお互いにトレードオフの関係にありますので、調査者は特許調査の...
2021.07.20
特許調査

先行技術調査は必要なのか?

 特許調査は、発明を特許出願する時や、新しい製品をリリースする時に行われる事前の調査の事です。特許調査は、その調査目的やタイミングに応じて5種類(先行技術、侵害予防、無効資料、技術動向、SDI)の調査があります。本稿では、この中の先行技術...
2021.07.20
特許調査

目的別・やりたい特許調査の選び方

3種類の特許調査  特許調査は大きくわけて、先行技術調査、無効資料調査及び侵害調査の3つの調査があります。これらの特許調査は、目的によって使い分けることが必要です。また、特許調査を弁理士に依頼するときにも、その目的を伝えたほうが早く...
2021.08.05
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました