商標法

商標法

海賊版の販売で逮捕されると、罰金と損害賠償と両方の支払いが必要になる場合があります

先日、偽ブランド品のTシャツをフリマアプリで販売したため逮捕されたという事件がありました。逮捕された人が、グローブライド株式会社の商標権を侵害したようです。他人の知的財産権を侵害して逮捕された人には、刑事罰が科されます。参考:海賊版を販売...
2020.12.06
商標法

海賊版を販売すると逮捕されます

先日、偽ブランド品のTシャツをフリマアプリで販売目的で所持したため逮捕されたという事件がありました。逮捕された人が、グローブライド株式会社(旧:ダイワ精工株式会社)の商標権を侵害したようです。参考:釣り具メーカー「DAIWA」の偽ブランド...
商標法

他人の商標権を使用するための2つのポイント

 兵庫県小野市観光協会とトンボ鉛筆は、過去に消しゴムのデザインをめぐって商標権に関するトラブルを起こしていました。それに対して、トンボ鉛筆が兵庫県小野市観光協会に使用を許可するということで決着がついたようです。そして、兵庫県小野市観光協会...
商標法

ぐんまちゃん(登録商標)から考える商標の知財戦略

Webで、ぐんまちゃん(登録商標)を世界に発信して誘客に繋げるという趣旨のニュースを見ました。→こちら ぐんまちゃんに関する状況を整理しました  上記の記事に基づき、状況を整理しました。「ぐんまちゃん」とは、群馬県のマスコ...
商標法

パロディの危険性について考えてみた

Webで、MONO消しゴムのパロディであるONO消しゴム販売中止という趣旨のニュースを見ました。→こちら ONO消しゴムに関する状況を整理しました  上記の記事に基づき、状況を整理してみました。兵庫県小野市観光協会がONO消...
2020.02.08
商標法

厚木シロコロホルモンに関する商標権について

Webで、厚木のシロコロホルモンという名称が使えなくなる?という趣旨のニュースを見ました。こちら→ シロコロホルモンに関する状況を整理しました  上記の記事に基づき、状況を整理してみました。「シロコロ」は、登録商標のようです...
2020.02.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました