特許事務所

特許事務所

特許業界(知財業界)に人を呼び込むためには

知財業界では、弁理士の高齢化が進んでいます。2017年の情報ですが、弁理士の平均年齢は50歳を超えています。出典:日本弁理士会会員の分布状況知財業界は、中途から入ってくることが多いため、未経験でも高齢の方(30代、40代)が多めです。しか...
2020.12.06
特許事務所

特許事務所で弁理士資格を持っていると仕事の幅が広がる

特許事務所では、弁理士資格を有していない人が明細書を書いていることもあります。特許技術者と言われるそのような人たちは、弁理士の補助者という地位で働いています。見方を変えると、特許事務所で働くためには、弁理士資格は必須でもないということにな...
特許事務所

学生が弁理士を目指そうと思ったら…

私は、大学生の頃に弁理士を知り、弁理士になりたいと思いました。しかし、弁理士試験は非常に難易度が高く、3000時間くらい勉強する必要があると聞いたため、当時はなるのを諦めました。その後、紆余曲折を経て、結局3000時間くらい勉強して弁理士...
2021.03.06
スポンサーリンク
特許事務所

特許明細書の納期

弁理士の仕事は、特許明細書を書いたり、中間処理をしたり等、出願を権利化することが多いです。なかでも、負担が大きい業務は、明細書の作成だと思われます。この明細書作成ですが、実際、どれくらいの時間で作られるかご存じでしょうか?明細書の作成納期...
特許事務所

特許事務所業界の危機は来年度(2021年度)に訪れる

コロナウイルスの感染拡大を防止するために、色々な企業が休業を始めています。例えば、キヤノンは、一部の事業所を5月6日まで休業することを発表しています。また、東芝も、国内全拠点を5月6日まで休業することを発表しています。キヤノン、東芝に限ら...
2020.10.30
特許事務所

繁忙期は特許事務所への依頼を避けたほうがいい

  年度末が近づき、繁忙期になりました。依頼先の特許事務所の方々も忙しそうです。私が特許事務所にいた頃は毎月数十時間の残業することが当たり前だったので、年中繁忙期みたいなものでした。このような特許事務所にいる場合、年度末の繁忙期になると...
特許事務所

特許事務所業界に必要なのはホワイト体験自慢

最近、特許事務所の求人情報をよく見かけます。業界が活気づいているのはいいなと思います。だけど、事業会社にいる人間にとって特許事務所への転職はめちゃくちゃ勇気がいります。インターネットを検索すると、特許事務所のブラック体験の記事を見かけるこ...
特許事務所

特許事務所・弁理士の選び方

近年、スタートアップやベンチャー企業では、技術を知財で保護しようという意識が高まっているように思います。しかし、スタートアップやベンチャー企業では、法務や知財の組織を社内に作ることは、人数的に非常に難しいと思います。そうなると、外部の専門...
特許事務所

特許事務所の残業時間

特許事務所で働いてみたいけど、残業時間ってどうなの?そんな疑問はありませんか?一言でいうと、特許事務所の残業時間は長いです。 特許事務所の残業時間は長い  特許事務所の残業時間は長いです。弁理士同士の会合でどれくらい働いている...
2020.06.02
特許事務所

特許事務所への転職

私は新卒でメーカーに入社した後、弁理士の資格を取り特許事務所に転職しました。30代で未経験からの転職でした。結論を言えば、特許事務所への転職はそれほど難しくないと感じました。40代でも転職できるのではないかと思います。しかし、転職をするな...
2019.11.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました