お店(ブース)で音楽を再生するときの注意点

 スーパーや、ゲームショップ等のお店に行くと、大抵の場合音楽が流れていることが多いと思います。また、各個人が出店するイベントでは、上述のお店と同様に各人は自身のブースで音楽を再生することで集客を行いたいと考えることもあるかもしれません。しかし、このような場所で安易に音楽を再生すると、著作権(演奏権)の侵害になる恐れがあります。

スポンサーリンク

自分の音楽ならば再生可能

 お店(ブース)で再生する音楽が、自分の音楽でしたら、再生することは可能です。自分の音楽とは、自身で作曲・演奏した音楽です。このような音楽は著作権は自身に帰属します。このため、お店(ブース)で再生しても、著作権(演奏権)の侵害にはなりません。

他人の音楽は再生不可能

 お店(ブース)で再生する音楽が、他人の音楽の場合には、著作権の侵害になります。他人の音楽とは、他人が作曲した音楽や、他人が演奏した音楽です。注意していただきたい点は、他人が作曲した音楽を、自分で演奏した音楽であっても、著作権(演奏権)の侵害になってしまう点です。これは、音楽を公衆に直接聞かせることを目的とした演奏をする権利(演奏権)は、作曲者に帰属するからです。

他人の音楽を再生するにはどうしたらよいか

 他人の音楽を再生するためには、作曲者等の許諾を得る必要があります。具体的には、音楽がJASRAC管理楽曲である場合には、JASRACから許諾を得る必要があります。JASRAC管理楽曲であるかいなかは、J-WIDから検索をすることができます。JASRAC管理楽曲ではない場合には、個々に著作権者に許諾を得る必要があります。

 このように、お店(ブース)で音楽を再生するときには、自分の音楽であるか、他人の音楽であるか、で対応が変わってきます。お店(ブース)で再生したいと思っている音楽はどんなものなのか、考えたうえで、再生する必要があります。なお、イベント会場では、そもそもブースで音楽を流してはいけないと規定されている場合もあります。このような場合には、自分の音楽であるか、他人の音楽であるかに関わらず、音楽を再生してはいけませんので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました