Googleアドセンスの審査合格・4つのポイント

本稿ではGoogleアドセンスの審査に合格するために行った4点を紹介しています。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの審査合格・4つのポイント

私は下記の4つのポイントを心がけて、Googleアドセンスに合格しました。
1.キーワードを意識した記事の作成
2.自分のドメインを取得した
3.ブログを常時SSL化した
4.プライバシーポリシーを作成した
これらを順番に説明していきたいと思います。

キーワードを意識した記事の作成

 私はブログで30件の記事書いてGoogleアドセンスの審査に応募しました。審査にパスするためには、それなりのボリュームが必要だと考えたからです。私がブログを30記事書いていく中で、意識していたことは、「記事タイトルに2つのキーワードを含めること」と、「見出しに1つのキーワードを含めること」です。キーワードとは見出しの中身を端的に表す言葉だと私は考えます。自分にとってはベストだと思うキーワードを、タイトルや見出しに加えるように意識しました。

自分のドメインを取得した

自分のドメインを取得しました。ネットにはGoogleアドセンスに合格するためには自分のドメインが重要と書いてあったためです。このため、ドメインを取得しました。ドメインとは、簡単にいえばURLの最初の部分です。私はさくらのレンタルサーバを使っていますので、さくらインターネットでドメインを取得しました。年間で数千円で取得できます。

常時SSL化した

 ブログを常時SSL化しました。ご自身のブログが常時SSL化されているか否かは、「http://….」でブログにアクセスしたときの処理で判断できます。常時SSL化されたブログの場合、「https://….」にリダイレクト(転送)されます。常時SSL化されていないブログの場合、ブログが表示されない場合があります。私は1回目の申請の時に、常時SSL化されていない状態で申し込みをしました。1回目はそのことを理由に申請の翌日に不合格になったのではないかと思います。Googleから伝えられた不合格の理由は、「Webサイトに到達できない」だったからです。最初は意味が分からなかったのですが、Googleアドセンス申請時のURLが「http://…」で「https」ではなかったので、ブログが常時SSL化されていないことが原因ではないかと気が付くことができました。常時SSL化をして、再申請を行うと、無事に合格することができました。

プライバシーポリシーを作成した

 プライバシーポリシーを作成しました。私が2回目の申請を行ってから1週間以上、何の通知もありませんでした。不安になった私は、ネットを調べて、プライバシーポリシーが重要ということを知りました。そこで、急いで作成しました。とはいえ、こちらのホームページに記載されたプライバシーポリシーを自身のブログに合わせて修正させて頂いたものを使っています。

まとめ

4つのうち、どれか1つ欠けても審査に合格することはできなかったと思います。そんなに難しいことはやってないので、上記のことを守って申請すれば、かなり合格しやすくなるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました