洗足池の写真を撮影しました(2020年2月9日)


私が生活している東京都大田区には、洗足池という池があります。洗足池は、日蓮が足を洗ったことがその名前の由来と言われています。洗足池はちょっとした散歩に適しています。適度な広さで、駅からも近く、また、道も舗装されているからです。私は定期的にこの洗足池を訪れています。

スポンサーリンク

洗足池は駅から近い所にあります

洗足池は、東急池上線の洗足池駅を最寄り駅にしています。駅から徒歩5分くらいでこのような景色を見ることができます。撮影した時刻は午後5時前でしたので、少し日が傾いています。この向きからは逆行になりやすく、太陽の光が入らないように工夫するのに苦労しました。

洗足池には鳥が多いです

洗足池には多くの種類の鳥がいます。飛来してくる鳥は、季節によって変わります。写真は、カモメです。カモメは、年中洗足池にいるような気がします。洗足池には、時々カワセミが飛んでくることもあります。カワセミは青い綺麗な鳥です。私も見たことがあります。その時は、カワセミの珍しさや人気の高さを知りませんでした。カワセミが飛んでくると、多くのカメラマンがこぞって撮影していきます。

カモは洗足池でも子育てをする

洗足池には複数種類のカモがいます。洗足池では、カルガモを年中見ることができます。春から夏にかけて、カルガモは子育てをします。この、洗足池でも、カモの親子を見かけることが可能です。今日見たこのカルガモは、つがいかもしれません。池の沿岸で待ち合わせをしていたようで、二羽揃うと仲良く泳いでいきました。今年も、カモの親子を見ることができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました