転職活動における面接対策は会社ごとに行うこと

転職活動に面接は避けて通ることはできません。私は特許事務所で働きながら、企業知財部の内定を獲得しました。このとき、5社の面接に挑みましたが、5社個別に面接対策を行いました。
 参考:「転職活動での応募数・内定率等

スポンサーリンク

面接で確実に聞かれる2つの質問

面接では、確実に質問される2つの質問があります。
それは、志望動機とスキルの有無です。それぞれ回答と、さらに深ぼりして質問された時の回答を用意しておく必要があります。

志望動機に対する回答

キャリア採用の場合、志望動機に深い動機は求められません。例えば、前職でやっていた職務内容が一致しているとか、自分の好きなことに携われるとか、そういう理由で十分です。ただ、回答に対する追加質問をいくつか想定して回答できるようになっておくと良いでしょう。
 志望動機を違う角度で質問してくる場合もあります。例えば、前職とは異なる職種の会社に応募した場合に聞かれる可能性があります。具体的には、「特許事務所から企業知財部に転職したいのはどうして?」というような質問です。このような質問に対しても答えられるように答えを考えておきましょう。

スキルの有無に対する回答

 キャリア採用の場合、短い期間で戦力になることが求められます。このため、仕事をこなしてくれそうか否かを質問されます。例えば、こんな職務の経験はあるか?とか、そのような質問です。このような質問に対して、ある・なしで答えるだけではなく、自らの実績も踏まえて回答できることが望ましいでしょう。もし、職務の経験がなかったとしても、「ありません」と答えたうえで、今後どのようにキャッチアップしていくつもりなのか、説明できるようになっておくことが望ましいです。

転職エージェントの想定質問は対策しておこう

転職エージェントは、面接日程が決まると事前に面接の想定質問をメールで連絡しくれます。想定質問は、過去にその企業の面接を受けた人から収集された情報に基づいて作成されているようです。このため、想定質問は、面接を受ける会社毎に異なります。想定質問の的中率は高く、想定質問のうち半分くらいは聞かれているように感じました。このため、想定質問に対する回答はしっかりと対策しておくようにしましょう。想定質問に記載された質問に答えられなかったという理由で不採用になるのは非常にもったいないことです。

私が面接で聞かれて困ったこと

面接は約1時間あります。このため、想定質問に含まれていない等の回答に窮する質問が出てくる場合もあります。
私の場合、「自分が他の人からどんなふうに見られていると思いますか?」という質問に困りました。いま振り返ると、自分を客観視できているか?という趣旨の質問だったのではないかと思うのですが、面接の場でいきなり問われたので、とってつけたようなくだらない回答になってしまいました。表情や姿勢にも自分の不安な状態が出ていたのではないかと思います。この会社からは不採用になりました。
 このように、面接では想定外のことが発生します。想定外のことが発生した時、自分がどのような行動をとってしまうのか、それは本番でなければ中々気が付きません。このため、第一希望の会社の面接を設定する前にできる限り第2、第3希望の会社の面接を行い、想定外のことを聞かれることに対して慣れておくことも重要だと思います。

タイトルとURLをコピーしました