応募要件を満たさない企業にも応募してもよい

 求人票には、応募要件が記載されています。応募要件とは企業の求める要件なので、この応募要件を満たしていない場合、書類選考を通過しないと思いがちです。しかし、応募要件を満たしていなくても気にせずに応募しても構いません。例えば、私が転職活動で応募した企業の中には、応募要件を満たしていない企業もたくさんありました。しかし、そのような企業であっても、書類選考を通過することができました。

スポンサーリンク

経験年数の満たない企業への応募

 応募要件には、経験年数が記載されていることがあります。一見すると、経験年数が足りない場合、書類選考を通過しないように思えます。しかし、自分の経験年数が求人票に記載された経験年数に満たない場合でも応募できますし、書類選考も通過します。例えば、私は転職活動を行った時の経験年数は3年半程度でしたが、応募要件に経験年数5年以上を求める企業にも応募していました。そして、書類選考にも通過していました。このように、自分の経験年数が応募要件に満たない場合でも、書類選考に通過できます。なお、これは、英語力(例えばTOEICスコア)のような、ほかの要素が応募要件に満たない場合でもあてはまります。応募要件に満たない場合でも、気にせず応募することが重要です。

応募要件に満たなくても書類選考に通過する3つの理由

応募要件に満たない場合でも書類選考に通過する理由は少なくとも3つ考えられます。
1つ目は、求人に対して応募がないことが考えられます。求人票に掲載している応募要件で応募がなければ、応募要件を下げざるを得ません。求人票の応募要件と、実際の応募要件が異なる状況であれば、応募要件に満たない求職者でも書類選考を通過することができます。
2つ目は、転職エージェントの推薦があるため。転職エージェントに提示される求人票に応募する際、転職エージェントは、簡単な推薦状を企業に添付します。そのため、転職エージェントによって推薦された応募者であるならば…と、信用して書類選考を行っている可能性があります。
3つ目は、求人票の具体的な中身を把握していない。求人票の作成者と、書類選考者が異なる場合、求人票に具体的に何が書かれているのか把握していない可能性があります。例えば、知財部から求人の要求を受けた人事部が求人票を作成した場合等です。知財部では具体的な経験年数は伝えていないけれど、人事部の方で気を利かせて年数を記載した等が考えられます。

提示された求人にはいずれも応募してもよい

転職エージェントから提示された求人票は、どれに応募しても問題ありません。転職エージェントは、求職者に求人票を提示するにあたって、一度求人内容と求職者の情報とを精査したうえで、求人票を求職者に提示しているからです。だから、求人票に係れた応募要件に、自分の経験や能力がマッチしていない等の理由で、自己判断で応募を断念することはやめたほうが良いです。もしかしたら、書類選考を通過するかもしれないからです。興味のある会社から提示された求人票に興味のある会社がある場合、どんどん応募していくことが望ましいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました