転職活動での応募数・内定率の実績

特許事務所から企業知財への転職は難しいと言われています。しかし、私は2019年に特許事務所から企業知財への転職を実現することができました。ここでは、転職活動時の私の経歴・資格や、応募数などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職活動時のスペック

2019年に転職活動を行った時の私のスペックは以下の通りでした。
 年齢 35歳
 学位 修士(情報工学)
 職歴 株式会社リコー(SE・経営スタッフ)→志賀国際特許事務所(弁理士)
 資格 TOEIC600点代、付記弁理士、ソフトウェア開発技術者等

内定率は1割以下

 私が内定した企業は2社でした。私は29社にエントリーしましたので、内定率は約7%で、1割もありませんでした。内定率は1割もありませんが、私のスペックから見れば決して低い数値ではないようです。転職サービスを提供するリクルートでは、面談の時にだいたい何社くらいエントリーすれば内定を獲得しているか教えてくれます。例えば、私くらいのスペックの場合、15社くらいにエントリーして内定を獲得していると教えてくれました。私の内定率はリクルートが教えてくれた情報に非常に近く、リクルートの情報はかなり精度が高いように思います。
 内定率は1割もありません。転職とは落とされるものだと思い、1社2社応募してダメだったくらいで気落ちせずに根気よく応募することが大切だと思います。

書類選考通過率は3割以下

 私が書類選考を通過できた会社は8社でした。私は29社にエントリーしましたので、書類選考通過率は約28%で、3割もありませんでした。この3割以下という数値も決して低い数値ではないようです。リクルートやdodaの転職エージェントは、面談の時に書類選考の通過率はかなり低いと教えてくれました。とある転職エージェントによれば、書類選考通過率は2割もないのでガンガン応募することが肝要だと教えてくれます。

 私の書類選考通過率は28%で辛うじて2割より高いですが、それでも3割ありません。このため、ちょっといいかなと思った企業であればどんどん応募することが大切だと思います。もしも行く気のない会社の書類選考に通過した場合でも、選考を進めるうちに気が変わることもありますし、本命企業との面接の練習にもなります。

一次面接通過率は4割

 一次面接を通過できた会社は2社です。書類選考を突破できた8社ですが、このうち3社は面接の結果が出る前に辞退しています。理由は、内定後の勤務先が希望していない箇所だったり、志望度が低かったり等です。このため、5社中2社の一次面接を通過することができました。したがって、私の一次面接の通過率は4割です。一次面接の通過率は、転職エージェントから聞くことはできなかったのですが、3社に1社くらいは通過するのではないかと考えられます。もちろん、確率の話なので、全部不採用になる可能性もあります。一次面接ではまだまだ落ちる可能性のほうが高いということに注意してください。なお、手ごたえがあったにも関わらず不採用になった企業もあるので気が抜けません。

二次面接通過率は10割(100%)

 一次面接を突破することができた会社2社からは、いずれも内定を獲得しました。このため、二次面接以降は、落ちる可能性の方が低くなると考えられます。転職エージェントによれば、二次面接以降でも通過率は50%程度らしいので、油断はできません。

 このように、転職エージェントから教えてもらった数値情報と私の実績はほぼ一致しています。このため、特許事務所から企業に転職する場合でも、企業から企業に転職する場合とはそれほど違いはないように思います。普通に落ちるので、本気で内定を獲得したい場合には、どんどん応募することが望ましいと思います。なお、転職活動は3か月くらいの短期決戦がお勧めです。

転職活動は短期決戦
 転職活動は短期決戦で行った方が良いと考えます。具体的には3か月以内です。3か月以上に及ぶ転職活動は、業務の進捗も滞るし、心理的に大きな負担になるからです。そしてなにより、転職サービスのサポート期間が3か月であることが多いからです。このた...

9割とか、本当だとしたらすごいね…。

タイトルとURLをコピーしました