弁理士資格は企業への転職活動に役に立つか?

私は企業知財部への内定を獲得した弁理士です。弁理士の転職先は、一般的に特許事務所か、知財部か、と言われています。このうち、特許事務所への転職において、弁理士の資格は役に立ちます。それでは、企業はどうでしょうか。結論を言うと、弁理士資格の有無は選考に大きな影響を与えません。

スポンサーリンク

大企業での選考では弁理士資格は参考程度である

大企業では、弁理士資格の有無は選考に影響を与えないと感じました。面接において、弁理士資格に関する大した質問はなかったからです。
【質問例】
・いつ資格を取得したのか?
・どうして資格を取得したのか?
このように、質問されたとしても、仕事とは直接関係のないことを質問されました。
また、私が特許事務所に勤務していた頃、クライアントに特許事務所出身の方がいました。その会社はBtoBの大企業です。しかし、その方は弁理士の資格をお持ちではありませんでした。このように、大企業では弁理士の資格を有していることをあまり重視していないと考えられます。

中小企業・ベンチャー企業では弁理士の資格は役に立つ

中小企業やベンチャー企業では、弁理士資格の有無が選考に影響を与えていると感じました。例えば、他の応募者に内定を出す直前であるにも関わらず、急遽私を面接してくれた企業もあります。中小企業やベンチャー企業では、知的財産に対するノウハウをあまり持っていない会社が多いです。そのため、資格という形で、 知的財産法に関する知識が担保されている弁理士は、必要な人材なのかもしれません。
中小企業・ベンチャー企業も、知財に対する関心は会社によって異なります。例えば、特許事務所に特許や商標の出願依頼はしたものの、そこから何をすればいいかわからないといった会社もあります。また、出願依頼できる会社は良いほうで、知的財産を蓄積していきたいけどそもそも何をすればいいのか?という会社もあります。

弁理士資格を取得してから転職活動を行う必要はありません

弁理士の資格を取得してから企業知財部に転職しようと考える必要はありません。大企業では弁理士資格はたいして評価されませんし、中小企業・ベンチャー企業は、大企業よりも競争率は低く、採用されやすいからです。
転職をするうえで一番大切なことは、年齢です。とくに大企業では、若ければ若いほど有利です。弁理士試験の勉強のために、年を取ってしまう前に応募することのほうが大切です。中小企業やベンチャーでも、同様の傾向はあります。ただ、これらの企業は、そもそも知財系人材の採用自体を苦労されています。だから、弁理士の資格があればかなり有利となるでしょうが、資格がなくても実務経験を武器にすることで十分に内定を狙うことが可能だと感じます。


ゆうプロフィール
ゆうツイッター(フォロー歓迎)
お問い合わせはこちらまで
Amazonで 電子書籍を販売しています( Kindle Unlimtedなら無料 )。
時短・簡単レシピ~既成ソースで作る5種のパスタ

タイトルとURLをコピーしました