特許委員会・研究成果報告書提出

1月17日、今年の研究成果報告書を特許委員会の委員長に提出しました。
この報告書が委員長や役員会の審査をパスすれば、1年間の研究成果が認められたということになります。
今年はAI関連発明の権利行使を研究テーマにしており、無事に成果が出るのか不安なところもありました。
しかし、無事にここまで来ることができて、メンバーの皆さんには本当に感謝してます。

1月以降の特許委員会では特許委員会主催のフォーラム向けの資料を作成することになります。
フォーラムは年に1回、特許委員会の主催で開催されるもので、特許委員会の1年会の研究成果を弁理士会の会員向けに発表する研修会です。
1月の特許委員会では、報告書の内容をもとに発表内容の骨子を作成しました。
そして、その骨子をベースに私の方で資料を作成し、2月の委員会ではメンバーと共に資料をレビューをする予定です。

タイトルとURLをコピーしました