R3年度PA会総会・2年間の幹事総括

スポンサーリンク

PA会総会

12月15日にPA会の総会がありました。
総会はPA会の1年間の活動を振り返る会合です。
PA会の会員であれば誰でも出席できますが、出席者はそれほど多くありません。
私も初参加です。

総会の内容

総会では、幹事長が今年1年のPA会の活動内容を報告します。
活動の具体的な中身ではなく、何を何回やったか?といった概要の報告です。
しかし、私が運営した口述模擬試験や、PA会主催の研修や、懇親会等のかなり細かな会務まで報告がありました。
その他にも、会計報告や、選挙報告等の報告もありました。
特に、会計報告はPA会の収支を知ることができるので、中々興味深い報告でした。
最後に来年の幹事長を決定します。

幹事長の決め方

幹事長は、 PA会の推薦者と、その場での立候補者とで、多数決をとることで決定されます。
立候補者は出てきませんので、幹事長はPA会の推薦者で良いか?という趣旨の多数決が行われます。
たとえ立候補者が出てきても、PA会の推薦者は、総会の主だった出席者には事前予告されており、内々で決定されています。
このため、多数決といってもほとんど儀式的なものです。
なお、悪意があればこの多数決をひっくり返すこともできる気がします。
総会への出席者が少ないからです。
知り合いを100人くらい総会に出席させて、当日の立候補者に投票してもらえば、結果はひっくり返ると思います。
しかし、そんなことで当選しても、既存勢力の協力を得られず、その1年間はPA会の運営が困難になる可能性が高いと思います。
幹事長になりたいならば、PA会の会務を頑張るのが無難でしょう。
会務をやりたいなら私に連絡をください。

幹事2年間の総括

私はPA会で口述模擬試験の幹事を2年間やりました。
幹事の任期は2年と聞いているため、来年は別の方が幹事をされるのではないかと思います。
前任者からまともな引継ぎはなく、運営メンバーとして活動していた頃の経験だけで幹事をこなしていました。
私が担当した2年間は、コロナウイルスを最も受けた2年間でした。
そもそも模擬試験を実施するのか?という判断だけではなく、会場確保の問題や、会場を取れた場合の感染対策の問題など、考えることはたくさんありました。
最終的に、模擬試験自体をオンライン化すればいいじゃん。ということになり、ZOOMを用いたオンライン開催になりました。
受験生をどう運ぶか、評価のフィードバックをどうするか等、多くの課題があり苦労しましたが、遠方の受験生や、先生とも知り合うことができるなどの良い面もありました。
運営メンバーの任期は通常1年ですが、私が幹事をしていた2年間は多くのメンバーが2年間手伝ってくれました。
オンラインということもあり、運営の中で直接会った人は一人もいません。
ですが、メンバーの仲は良く、コロナウイルスが終息した段階で懇親会を開きたいと思っています。

来年は別の幹事をやるかどうかも決まっていませんが、少なくとも選挙対策をやってほしいと言われているので、選挙のほうを中心に関わっていくのではないかと思います。

会務成果

目に見える成果だと、次のような記事を作成しました。
令和3年度のPA会会報も執筆しましたが、まだWebでは公開されてないようです。
令和2年度の口述模擬試験

令和2年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ | PA会ホームページ
2021年1月24日 幹 事 長  鈴木 大介 東海支部代表幹事  加藤 光宏 組織1部会 幹事  武田 雄人 同  部会長  田中 研二 令和2年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ 拝啓 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び

令和3年度の口述模擬試験

令和3年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ | PA会ホームページ
2021年11月20日 幹 事 長  鈴木 大介 東海支部代表幹事  加藤 光宏 組織1部会 幹事  武田 雄人 同  部会長 西脇 美奈子 令和3年度 PA会口述模擬試験 開催のお知らせ  拝啓 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお

令和2年度PA会会報

タイトルとURLをコピーしました