コインハイブ事件の高裁判決に対する考察

スポンサーリンク

コインハイブ事件の概要

12/9にコインハイブ事件の最高裁弁論が開かれました。
コインハイブとは、Webサイトに仮想通貨のマイニングツールのプログラムを記録させておき、Webサイトの閲覧者に当該マイニングを実施させるプログラムです。

マイニングは閲覧者に内緒で実行されるため、刑法168条の2(不正指令電磁的記録作成等)に該当するおそれがあるとして訴訟になりました。

(不正指令電磁的記録作成等)
第百六十八条の二
 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
 正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
 前項の罪の未遂は、罰する。

e-GOV 法令検索 刑法

地裁では無罪になりましたが、高等裁判所(以下「高裁」という。)では有罪判決になりました。そして、最高裁まで争っています。

高裁の判断

高裁は、地裁で争った3つの争点(①不正指令電磁的記録該当性、②実行の用に供する目的の有無、③故意の有無)についていずれも該当すると認定して、被告(Webサイトの運営者)に罰金10万円の判決を言い渡しました。
 判決文(令和元年(う)第883号 不正指令電磁的記録保管被告事件)

争点1.不正指令電磁的記録該当性

高裁は、被告の行為(コインハイブを被告のWebサイトに埋め込み、閲覧者に実行させること)について、反意図性及び不正性を有することを肯定し、不正指令電磁的記録該当性を肯定しました。このうち、反意図性については、以下の通り述べて、地裁判決による反意図性の肯定を支持しています。

このような本件プログラムコードは,プログラム使用者に利益をもたらさないものである上,プログラム使用者に無断で電子計算機の機能を提供させて利益を得ようとするものであり,このようなプログラムの使用を一般的なプログラム使用者として想定される者が許容しないことは明らかといえるから,反意図性を肯定した原判決の結論に誤りはない。

判決文(令和元年(う)第883号 不正指令電磁的記録保管被告事件)

つまり、閲覧者に無断で、閲覧者のコンピュータの機能を用いてマイニングを行う行為は、一般的な閲覧者が許容しないものであると、高裁は判断したのです。この判断は個人的にも概ね妥当かと思います。Webサイトを閲覧しに行ったら、未知のプログラムが知らないうちにインストールされて動き始めるのは恐怖しかありませんので。

そして、地裁判決では否定された不正性については、以下の通り述べて、不正性を肯定しました。

本件プログラムコードは,前記のとおり,その使用によって,プログラム使用者(閲覧者)に利益を生じさせない一方で,知らないうちに電子計算機の機能を提供させるものであって,一定の不利益を与える類型のプログラムといえる上,その生じる不利益に関する表示等もされていないのであるから,このようなプログラムについて,プログラムに対する信頼保護という観点から社会的に許容すべき点は見当たらない。

判決文(令和元年(う)第883号 不正指令電磁的記録保管被告事件)

つまり、コインハイブによるマイニングは閲覧者に利益を生じさせないし、マイニングを行っていることがコンピュータ上に表示もされないのだから、このプログラム(コインハイブ)が社会的に許容されるべき点はなく、不正性を有すると高裁は判断しました。この判断は妥当なような気もしますが、閲覧者に利益を生じさせないという判断に私は疑義があります。

争点2、3.目的、故意の有無

高裁は争点2、3についても下記の通り述べて肯定しました。

被告人が,閲覧者の同意なくマイニングさせていることに関する指摘を受けた後の保管行為が起訴されている事案であり,原審記録によれば,被告人が,本件プログラムコードがA閲覧時に閲覧者に気付かれずに,A閲覧者の電子計算機にマイニングをさせる機能があることや,このような手法で閲覧者の同意なくマイニングさせることに関する否定的な意見を知った上で,自らが収入を得るために本件プログラムコードの保管をしたことが明らかであって,この点は,当審における被告人質問の結果からもさらに明らかになったといえる。
 そうすると,被告人は,本件プログラムコードの不正指令電磁的記録該当性を基礎づける事実を実質的に認識した上で,本件プログラムコードを保管したものといえるし,本件プログラムコードが,A閲覧者の承諾を得ないまま実行されることを認識認容していたのであるから,そのような本件プログラムコードを保管した被告人に,人の電子計算機における実行の用に供する目的があったことは明らかであり,被告人の故意も認定できることが明らかである。

判決文(令和元年(う)第883号 不正指令電磁的記録保管被告事件)

被告人は、コインハイブをWebサイトの閲覧者に実行させることについて、否定的な意見をもらっていたにも関わらず、コインハイブの実行をやめなかったため、被告人の目的、故意を肯定したということです。私はこの判断を厳しいと思いました。コインハイブを実行させることについての是非が確定していないにも関わらず一個人から否定的な意見をもらったことを判断の根拠として採用したのであれば、気に入らないものには”思考停止してとりあえず”否定的なことを言っておけば潰せる社会に繋がるのではないかと思います。

罰金10万円の判決

高裁は、上記の争点①~③を肯定し、罰金10万円の判決を言い渡しました。

判決に対する考察

高裁は、コインハイブをWebサイトの閲覧者にわからないようにして実行させることは、刑法168条の2(不正指令電磁的記録該当性)に抵触することを肯定しました。
不正性のところでも書いたように、「閲覧者に利益を生じさせない」という判断に疑義があります。Webサイトが提供されていること自体が閲覧者にとって利益だと考えるからです。Webサイトの運営は有料であることも多く、運営者は、GoogleAdsenseやアフィリエイト等の広告を掲載して、運営費を獲得します。広告は多くの閲覧者にとっては邪魔なものです。しかし、コインハイブを使えば、広告を掲載することなく、収入を得ることが可能になります。閲覧者にとっては、広告に煩わされることなく、Webサイトの閲覧に集中できるという利益があるのです。
 しかしながら、閲覧者が知らないうちにコインハイブが実行させられる点が社会的に許容すべきでないことについては同意します。このため、既存の広告のように、閲覧者がコインハイブのようなマイニングプログラムが実行されていることを把握でき、かつそれを任意で止められるようにすれば、許容されるのではないか?と思います。

タイトルとURLをコピーしました