令和3年度弁理士試験の試験日決定・口述試験は12月!

特許庁から令和3年度の弁理士試験の実施スケジュールが2月24日に公開されました。
参考:令和3年度弁理士試験公告
試験日・合格発表日ともに、今年の試験は受験生にとって少し可哀そうに思える日程です。

スポンサーリンク

令和3年度の弁理士試験実施スケジュール

令和3年度の弁理士試験は下記の日程で実施されるようです。
 短答試験:令和3年7月18日(日)
 論文試験(必須):令和3年8月29日(日)
 論文試験(選択):令和3年9月19日(日)
 口述試験:令和3年12月18日(土)~12月20日(月)

論文試験を受験される方は、お盆休み返上で試験勉強しないといけません。。。
がんばってください。今年合格したら、10年、20年後に、笑い話の種になると思いますので。

合格発表日

各試験の合格発表日は下記の通りのようです。
 短答試験:令和3年8月10日(火)
 論文試験:令和3年11月25日(木)
 口述試験:令和4年1月11日(火)

年内に口述試験の結果はわからないんですね。
でも、きちんと勉強して口述模擬試験も受けていれば、きっと大丈夫です!

口述模擬試験とは?いつあるの?

口述模擬試験は、文字通り、口述試験の模擬試験です。
試験官役の弁理士が、受験生に対して問題を出して、口頭で答えてもらう本番さながらの模擬試験です。
口述模擬試験は、受験予備校だけではなく、会派と呼ばれる、弁理士が所属している団体でも開催されています。
私はPA会という会派に所属しているのですが、PA会でも口述模擬試験を開催しています。
令和2年と、令和3年の口述模擬試験では、私が幹事を担当して、運営を任されています。
 参考:今年もPA会口述模擬試験をやります
今年の論文試験の合格発表日を見ると、各会派の口述模擬試験は12月上旬に開催されるのではないかと予想されます(外したらゴメン)。

口述試験にテキストは必要?

直近の口述試験合格率が95%を超えているとはいえ、100%ではないので、1冊くらいはテキストを見て、対策をした方が良いのでは?と思います。
私は予備校の口述アドヴァンスを使っていましたが、下記のような市販のもので十分だと思います。
特許事務所に勤めていた頃に、この本の古い版を読みましたが、これでも対策書として十分だと思います。
弁理士試験 口述試験バイブル 第7版



タイトルとURLをコピーしました