ウグイスがやってきた洗足池(2021年5月の洗足池の写真)

定期的に洗足池の写真を撮影しています。
2021年5月に撮影した写真をまとめました。

スポンサーリンク

菖蒲

おそらく菖蒲(しょうぶ)です。菖蒲(あやめ)ではないと思います。根拠はありません。
まだ見れます。

ハシブトカラス

ハシブトカラスです。カラスにはハシブトカラスとハシボソカラスという2種類がいるようです。


2種類の見分け方は嘴の大きさと形のようです。

見分けるポイント
嘴の大きさと形
ハシブト→ハシボソより太く、上嘴は先端にかけて大きく湾曲する。
ハシボソ→ハシブトより細く、上嘴のカーブも緩やか。
見慣れてしまえば嘴だけで識別が可能。

日本野鳥の会東京 身近な野鳥の識別講座② カラス2種の識別

写真のカラスはくちばしが太く、ハシブトカラスに該当すると思われます。
人間には見向きもされない鳥ですが、洗足池公園では鳥類(主にハト)にかなり恐れられており、カラスが飛んでくるとハトは逃げていきます。

カワラバト

ハトです。正式にはカワラバトという名前のようです。写真のハトは大変目つきが悪いです。
カラス同様に、人間には見向きもされない鳥です。
しかし、よく観察してみると、ハト同士でつつきあったりして、社会性の高さを知ることができ、面白いです。

アオサギ

洗足池にはアオサギがいます。アオサギは洗足池の鯉を捕食することがあるらしいので、このアオサギはもしかしたら鯉を捕食するかも?と思って期待して待機していました。
しかし、アオサギは微動だにしないままでした。

ウグイス

ウグイスです。ホーホケキョの鳴き声で有名な鳥です。
冬にはいなかったので、春に飛んでくるようです。
しかし、この写真からではウグイスだと認識できません。スズメと言われても仕方ありません。

このため、動画を撮影してみました。

タイトルとURLをコピーしました