令和3年度・特許委員会の委員に選任されました

昨年に引き続き、日本弁理士会の特許委員会に選任されました。
昨年は特許委員会で色々な経験ができたので、今年も継続して特許委員会にいられることは大変ありがたいことだと感じています。

昨年の研究テーマは「中国企業の先端技術出願が与える日本知財への影響について」でした。
普段あまり扱うことのない中国からの外内特許を分析する良い機会でした。
今年やることは確定していないですが、AIに関する研究ができたらと思っています。

知財学会の第18回年次学術研究発表会で講演も行いました。
講演内容は「第四次産業革命関連発明の適切な保護について」です。
この講演は、日本弁理士会の協賛セッションでした。

今年も1年間特許委員会の委員として頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました