ワカケホンセイインコを撮影(洗足池2021年2月の写真)

定期的に洗足池の写真を撮影しています。
2021年2月に撮影した写真をまとめました。
2月はワカケホンセイインコを見ることができました。
撮影はいずれもiPhoneSEの内蔵カメラを用いています。

スポンサーリンク

ワカケホンセイインコを撮影

ワカケホンセイインコを撮影できました。見るのも初めてです。

明らかに日本の鳥ではなさそうな外見です。
もとは外来種で、持ち込まれた鳥が逃げ出して野生化したようです。

日本には飼い鳥として持ち込まれたものが逃げ出したりして、1960年代に入ってから関東地方などで野生化し始めたと考えられています。

公益財団法人日本鳥類保護連盟

高い木にとまっていることが多いですが、鳴き声が独特であるため、鳴いていればすぐに気が付きます。

一番多かった鳥はキンクロハジロ

洗足池にはカルガモがたくさんいます。しかし、2月を見れば、キンクロハジロの数が一番多かったように思います(あくまでも主観ですが)。キンクロハジロは、カルガモみたいな形をした黒い鳥です。カルガモと一緒に泳いでおり、とくに縄張り争いのようなことはやっているようには見えません。

キンクロハジロ
キンクロハジロの群れ

紅梅が満開になりました

洗足池には、紅梅が植えてあります。
1月では少ししか咲いていませんでしたが、2月はほぼ満開です。
参考:洗足池にはカワセミが飛んでくる(洗足池2021年1月の写真)

白梅も満開です

洗足池には、白梅も植えてあります。
白梅も満開でした。

カワセミも見れます

2021年に入ってからカワセミを頻繁に見かけます。2月も見かけることができました。
相変わらず、小さいですが。

タイトルとURLをコピーしました