2021-01

特許

発明を公開した後に特許を取る方法(新規性喪失の例外)

発明を公開した後に特許をとれるか? 発明を公開した後であっても特許出願して特許を取ることができる場合があります。この場合には、新規性喪失の例外という手続きを行う必要があります。この手続きを行えば、発明を公開した後であっても特許を取る...
特許

特許の要件・新規性が特許に求められているのはなぜか?

新規性とは、発明が客観的に新しいということです。新規性は、発明に特許を認めてもらうための要件の1つです。特許の要件として新規性が求められている理由は、すでに知られている発明(新しくない発明)に特許権という独占権を与えることは、社会に利益を与えるものではなく却って産業の発展を阻害してしまうからです。
特許

日本で特許を取るにはどうするの?

日本で特許を取るまでの流れ 日本では、特許明細書等の書類を作成して特許庁の審査を受けることで特許を取ることができます。この、特許明細書の作成から特許権が発生して特許を取るまでの流れについて説明します。日本で特許をとるには、下図のよう...
弁理士試験

令和3年度弁理士試験の実施日程

令和3年度の弁理士試験実施スケジュール 特許庁から令和3年度の弁理士試験の実施スケジュールが公開されました。令和3年度の弁理士試験は下記の日程で実施されるようです 短答試験:令和3年7月中旬~下旬 論文試験(必須):令和3年8月中~...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました