弁理士業

弁理士日記

セミナーは聞き手に合わせて行う事

セミナーは、聞き手に合わせて行うことが重要です。言いたいことを言いっぱなしのセミナーでは喜ばれることは難しいでしょう。 社内でCS(コンピュータソフトウェア)関連発明の講演をやりました。参考:知財部スキルレベル向上のために講演をやり...
弁理士日記

令和3年度・特許委員会では副委員長をやります

令和3年度は特許委員会の委員だけではなく、副委員長もやることになりました。参考:令和3年度・特許委員会の委員に選任されました昨年度から打診されていたので、やると伝えてはいましたが、本当になれるとは!という気持ちです。この手の仕事はお金にな...
弁理士日記

最近買った本”特許調査入門”が役に立った

新しい研究開発テーマのために、どんな先行技術が出願されているのか調査を行っています。最近までうまく検索式を作れず、右往左往していました。FIやFタームをうまく定めることができず、なかなか的を射た検索結果になりません。ただ、一念発起して特許...
弁理士日記

パテントマップを作ることにした

先行技術にどんなものがあるのか知りたい!っていうザックリした仕事をうけた。先行技術調査を行って、1つ1つの公報を読み込んで、1つ1つ説明していたらキリがない。そんな時は、パテントマップだ。パテントマップは公報の統計情報である。パテントマッ...
弁理士日記

会社員の社外活動のススメ

2020年の知財学会の日本弁理士会共催セッションにおいて、「第四次産業革命関連発明の適切な保護について」を講演したのですが、同内容を勤務先でも講演することになりました。勤務先によっては社外活動を禁止しているところもあるかと思いますが、私は...
2022.07.23
弁理士日記

主語がない明細書の改善点

主語がない明細書は改善の余地のある明細書だと考えています。それは明細書に主語を書き足すことです。今日読んだ明細書には主語が書かれていない文が多く、主語を書き足すのにかなり時間を使いました。 日常生活では主語がなくても問題ないことが多...
弁理士日記

令和3年度・特許委員会の委員に選任されました

昨年に引き続き、日本弁理士会の特許委員会に選任されました。昨年は特許委員会で色々な経験ができたので、今年も継続して特許委員会にいられることは大変ありがたいことだと感じています。 昨年の研究テーマは「中国企業の先端技術出願が与える日本...
弁理士試験

令和3年度弁理士試験の実施日程

令和3年度の弁理士試験実施スケジュール 特許庁から令和3年度の弁理士試験の実施スケジュールが公開されました。令和3年度の弁理士試験は下記の日程で実施されるようです 短答試験:令和3年7月中旬~下旬 論文試験(必須):令和3年8月中~...
弁理士日記

審査請求料金を返還してもらう方法

審査請求料金は返還してもらえる  審査請求料金は、審査着手前であれば返還してもらうことができます。返還額は半額です。審査請求料金の返還は、特許出願の審査請求をした後に、先行技術が見つかったり、特許権が不要になったりした場合に活用でき...
2021.08.09
弁理士日記

特許権の存続期間(有効期限)はどれくらい?

特許権の存続期間(有効期限)は出願日から20年  特許権の存続期間は、特許出願の日から20年です。しかし、例外的な発明もあります。例えば、医薬品の発明は、最大5年間、特許権の存続期間を延長させることができます。このため、医薬品の発明...
2021.08.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました