外国実務

外国実務

MPFクレーム(米国特許112条(f))に対応する2つの準備

 米国での特許出願の審査では、請求項の用語がMeansPlusFunctionクレーム(以下、「MPFクレーム」という。)と判断されると、米国特許112条(f)が通知されます。さらに、MPFクレームの用語の意味が不明確な場合、112条(f...
2021.09.11
外国実務

米国の情報開示義務制度(IDS)に違反すると権利行使できなくなる

米国の特許制度ではIDSという制度があります。IDSは、特許出願について、出願人が知っている特許性に関する情報を米国特許庁に開示することを義務付ける制度です。IDSを怠った場合、その特許権について権利行使できなくなります。このため、米国に...
2020.11.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました