特許

特許

審査請求のメリット・デメリットは何か?

審査請求とは何か 審査請求とは、出願した特許について、特許庁に審査をしてもらう手続きです。日本では、特許を出願しただけでは、特許庁に審査されることはありません。このため、出願人は特許出願後に別途審査請求を行う必要があります。審査請求...
2021.02.08
特許

拒絶理由通知への対応

特許を出願して、審査請求すると、殆どの場合拒絶理由通知が通知されます。そして、拒絶理由通知には、60日以内で意見書・補正書で反論することができます。参考:特許出願で拒絶されても3回以上の反論機会があるこのときの反論で、拒絶理由を解消する...
特許

特許出願で拒絶されても3回以上の反論機会がある

 特許出願を審査してもらうと、かなり高い確率で1回は拒絶理通知が来ます。拒絶理由通知とは、特許庁で特許出願内容を審査した結果、特許を認めることができない理由が記載された通知です。知財に慣れていない方は、この通知に物怖じしてしまうことも多い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました