知的財産実務

特許調査

特許調査において再現率を重視したほうがよい検索とは

 特許調査には、適合率・再現率という2つの指標があります。適合率・再現率のどちらも、特許調査の結果として、有効な特許をどれくらい集められたかを示す指標になります。適合率・再現率はお互いにトレードオフの関係にありますので、調査者は特許調査の...
特許調査

特許調査において適合率を重視したほうがよい検索とは

 特許調査には、適合率・再現率という2つの指標があります。適合率・再現率のどちらも、特許調査の結果として、有効な特許をどれくらい集められたかを示す指標になります。適合率・再現率はお互いにトレードオフの関係にありますので、調査者は特許調査の...
特許調査

先行技術調査は必要なのか?

 特許調査は、発明を特許出願する時や、新しい製品をリリースする時に行われる事前の調査の事です。特許調査は、その調査目的やタイミングに応じて5種類(先行技術、侵害予防、無効資料、技術動向、SDI)の調査があります。本稿では、この中の先行技術...
スポンサーリンク
知的財産実務

特許検索ツールを使い、出願数の多い会社を探す方法

特許に関する仕事をしたい場合、特許文献の数が多い企業に就職することをお勧めします。参考:学生が弁理士を目指そうと思ったら…特許文献の数が多い会社であれば、高い確率で知財部(特許部)が存在します。その知財部に配属されれば、すぐにでも特許に関...
知的財産実務

特許権侵害を警告された時の3つの確認ポイント

 会社を経営していると、特許権を侵害しているという警告書が届くとドキッとしませんか?そんな時、弁理士や弁護士に相談するのも1つの手段ですが、まずは警告が正当なのものなのか確認してみましょう。確認ポイントは大きく3つあります。 3つ...
知的財産実務

”構成要件列挙型”対”書き流し型”

 外国出願のクレームドラフティングのオンラインセミナーに出席した。特許業務従事者向けの基本的なセミナーだった。セミナーの趣旨は、外国出願をするときのクレームは書き流し型よりも、構成要件列挙型が望ましいというものだ。そして、書き流し型のクレ...
知的財産実務

知財業務従事者はビジネスモデルを作れるようになるのはどうか

 研究部門の発明を担当するようになって、疑問に思ったことがあるのです。「どんな事業に使われるのか決まってないのに、どんな特許を取ればいいん?」という疑問です。たしかに、研究によって、既存の技術よりも新しい技術、良くなった技術、そういった所...
2021.04.04
知的財産実務

刑事事件と民事事件と弁理士が代理できる訴訟

刑事事件と民事事件の違いをご存知でしょうか。私は弁理士になるまでよくわかっていませんでした。特許や商標等の知的財産に関する事件は、民事事件が多いですが、たまに刑事事件もあります。また、民事事件の中には、弁理士が訴訟代理人となることができる...
知的財産実務

不況が来ると知財業界はどうなるかの予想

コロナウイルスの影響によって、たくさんの企業が営業を中止・縮小しています。これにより企業の売上は下がり、利益を出せなくなります。不況の到来です。大変ね、と他人事のように済ませられる話ではありません。不況は私たちの給与や雇用に悪影響を及ぼし...
2020.03.01
知的財産実務

なるべく残業しない人材になるための4個のポイント

残業ってしたくないですよね。残業が多いと、身体を壊して働けなくなるのでなるべくやめたほうが良いです。だけど、中々残業が減らない。そんな方もいると思います。私は転職をしてかなり残業を減らしましたが、転職以外にも以下のような4点に気を付けて...
2021.05.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました